『曲渕氏助(房助)』戦国の風雲に乗り、村の鍛冶屋から大名になった筑前福岡の戦国武将

九州で活躍した戦国武将をササっと軽く紹介するこのコーナー、ふか~いところは自身で調べる事をおススメします。今回は筑前福岡の戦国武将、村の鍛冶屋から城持ち大名にまで上り詰めた稀代の英雄、戦国成り上がりストーリー。福岡市早良区の曲渕さんの紹介。

曲渕河内守の墓と伝えられる小さな石塔

農家に天下がとれるなら、油屋が国主になれるなら、鍛冶屋が大名になっても不思議じゃねえ。

現在の福岡県福岡市早良区、その南端部、佐賀との県境付近に位置する曲渕という場所。ここにはその昔、というか天正年間のことだけど、村の鍬を作る鍛冶屋が早良郡11カ村を領する大名になったというお話と、その人物の居城跡が残っています。

天正年間というのは織田信長と豊臣秀吉の時代、そもそも将軍の足利義昭を追い出した信長が天正に改元させたんだから。ということで、まあ、そんな時代です。

曲渕の言い伝えでは、偉いお坊さんをもてなしたらお礼に書状を渡されて、近所の殿様に届けろと言われ、持って行ったら城がもらえたっていう話なんですよね、ザクっと言うと。その伝承に出てくる人物が、全く時代に合わないのであえて言いませんが。

で、大名になった鍛冶屋の名前は甚五兵衛(じんごべえ)という人、住まいのある曲渕を性として河内守を名乗ったそうです。

原田氏に仕える

曲渕城跡に建つ山神社の社殿、主郭部に建てられたそうです。

曲渕河内守を名乗るようになった甚五兵衛、彼を城主に抜擢したのが筑前高祖城を本拠とする九州の名族大蔵氏(おおくらうじ)の名門原田氏。

原田氏は九州各地で勢力を誇った古代の名族、大蔵氏の嫡流で、大蔵氏の有名どころだと高橋紹運の高橋氏とか秋月城で有名な秋月氏もこの大蔵氏。なんと祖先は漢の高祖、劉邦らしい。平家とくっついて一時は隆盛を極めたけど、平氏滅亡とともに没落したそうです。

龍造寺の筑前侵攻で先方として活躍

原田氏は福岡市早良区に大きな勢力を誇った小田部氏(大友所属)を仇敵としていて、とにかく争いまくってたんです。曲渕河内守はかなりの剛の者というか、なかなかの武人だったらしいので共に戦っていたのでしょう。切り込み隊長みたいなイメージですかね、武士みたいに教育受けてないし蛮族ヒャッハー的な。

さらに龍造寺隆信が三瀬を越えて筑前に攻め込んだ時、最前線となるのがこの曲渕城。敵は目の前にある大友宗麟による筑前支配の拠点、小田部氏が守る安楽平山城でした。龍造寺隆信による筑前侵攻作戦では曲渕氏も主家原田氏と共に安楽平山城攻めに参戦、城主小田部鎮元を房助の息子である信助が討ち取ったという話も伝わります。

まあ、自刃の地があるので、小田部さんは追い詰められて自害したってのが通説なんですけど。

荒平山城跡の記事⇒「安楽平城跡」福岡市内にある大規模山城、戦国時代の筑前の防衛拠点

最大の版図は現在の福岡市早良区のほぼ全域と、西区の一部。

資料によると、曲渕氏は曲渕、石釜、西、金武、四箇、田、次郎丸、野芥、七隈、荒江および麁(祖)原等を収めたということになっているので、これを地図に落とし込んでみると……

地図:国土地理院

ぜんぜん正確じゃないですけどね、だいたいです、だいたいザクっとしたイメージなんで勘弁してください。けどね、こうやって地図に落としてみると、山岳部以外の早良区、それも人が住みやすくて美味しいとこほぼ全部くらいを支配したことになるんですよ。攻め滅ぼした小田部氏の領地をそのままもらった感じでしょうかね。

こうやってみると、居城が端に寄りすぎていて曲渕氏が里に城を築いていないのが不思議……小田部城を利用したのかな。そのへんは全くもって不明です。

ただの鍛冶屋が城ひとつと山間部の小さな村だけでなく、これだけ広大な領地を貰おうと思ったらさ、相当な武功を立てないとダメだよね。原田氏といえば歴史はあるから譜代の家臣も多いだろうし。

なのでやっぱ、すごい活躍をしたんですよきっと。なんの資料も残ってませんけど。

最後は浪人になった

さて、戦国時代の末期、バリバリ頑張っちゃった曲渕の一族。まさに戦国ドリーム、風雲児ってのはこういう人を言うんでしょう。けどね、盛者必衰、奢れるものは久しからず。やがて落ちていくときが来るのです。

その時、歴史が動いた!!

出てくるのが少し遅すぎましたかね、もはや天下の趨勢は豊臣のもの。そして運命の時、豊臣秀吉の九州征伐軍がやってくるのです。

主君の原田さんは「秀吉なにするものぞ!!」とやる気まんまん、だけど目の前に展開した秀吉の大軍を見てビビッってしまい侘びを入れに行くんだよね。で、チョットでも対抗して武士の矜持を見せたのはカッコよかったぜ、と、秀吉に褒められて許されるんだけれども、自身の領地を過少申告してまい、嘘がバレて領土没収と相成りました。

曲渕さんはもちろん原田さんちの家臣ですから、一緒に領土没収されてあえなく浪人。

曲渕氏の本貫地、曲渕村はダムの底に沈みました。

いやあ、もうちょっと早く出て来てたら……と思ったんだけど、そうなると同じ山の佐賀方面にはあのゲリラ戦の勇者クマカッチャンがいたんだよね。全盛期のクマシロとやっちゃあれか、さすがに分が悪いか。

その後、曲渕さんがどうなったのか、全く分かりません。

曲渕河内守の臣、鳥飼左衛門尉康秀が立てたという熊野神社

ただ、ここ曲渕や石釜といった曲渕河内守が活躍した場所には、彼らが確かに存在したことを今に伝える神社や城跡が残っています。館跡なども残っていたそうなのですが、全てダムの下に沈みました。

鍛冶屋から大名へ、最後は浪人へと落ちていく。

諸行無常

どんな気持ちだったんでしょうね、案外、一代の夢だったと笑って元の生活に戻っていったような気がしなくもないですが。

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA