• HOME
  • ブログ
  • 城跡
  • 「於保城跡」大勢力の狭間で生き残りをかける戦国小領主の悲哀を感じる城館跡

「於保城跡」大勢力の狭間で生き残りをかける戦国小領主の悲哀を感じる城館跡

隣接する小領主同士、その選択と進退が天と地の差を生み出す。佐賀藩主鍋島氏の本拠地と、川を挟んだお向かいさんに於保氏という国人領主がおりました。

一族の興亡をかけた領主の決断、生き残りをかけた戦国武将の夢の跡。

佐賀藩主となった佐賀の地方領主「鍋島氏」発祥の地から、嘉瀬川を渡った対岸にある於保氏の城館跡。川を挟んで目の前ともいえる距離に城館を構えて割拠するも、戦国時代の戦乱の中で両家の歩む道は全く違うものとなりました。

鍋島氏はご存知の通り、龍造寺氏に従い各地を転戦。龍造寺隆信の肥前統一から北部九州最大の勢力へ成長するなかで、重要な役割を果たしました。さらに隆信死後は龍造寺氏の後継として所領の維持に努め、主家から禅譲を受け佐賀鍋島藩主となります。一方の於保氏は少弐、龍造寺、大友と時代に合わせて時の有力者に従い、大友氏による肥前侵攻の際に龍造寺隆信と敵対したことで滅亡しました。

あ、国人領主としての於保氏が滅亡しただけで、断絶したわけじゃないですからね。分家や鍋島氏に従った一族もいるので、そちらは現在までずっと続いています。

画像はGoogleマップより

どうですかこの距離感、鍋島と於保、ほんとお隣さんなんですよね。

肥前の歴史の中で於保氏の名前が出て来るのは1186年、文治二年。肥前国府の南側に勢力を持つ高木氏の分流で、高木氏は藤原氏の後裔とされていることから藤原姓。(武家家伝による)鍋島氏が肥前に来たのが1381~84年とされているので、その200年ほど前の事。ちなみに鍋島さんは源氏だそうです。

於保氏の居城の本丸跡には、龍造寺隆信が建立したと伝わる於保天満宮になっています。天満宮が建つ場所は他の場所より一段高くなっていて、城の郭跡といわれればそのように見えますね。

於保城跡と伝わる天満宮から周りを見てみると、見渡す限りの佐賀平野。堀を巡らせ、土塁を築いた中世の平城であっただろうと思われます。

於保天満宮の境内、かなりの広さがあります。

於保天満宮の境内に建てられた於保城跡の案内板。この於保天満宮は京都北野天満の分身を祀った神社みたいですね、私の父親は京都の出なので中学高校のころはよく北野天満宮へ初詣に連れていかれました。今はもう、外人だらけでまともに出歩くことも出来ないですよね、京都。なんであんなになってしまったんだろ、観光公害という言葉が言われて久しいですけど、二度と京都に行く事はないでしょう。

江戸時代に建てられたと思われる鳥居を抜けると、正面にとても素朴な社殿。いかにも村の鎮守様といった風情で、周りの風景に絶妙にマッチした美しい神社なんです。

好きなんですよねぇ、こういう飾らない普通の神社。古さは感じるけども、手入れが行き届いていて地域の人から大切にされている様子が伝わってきます。

どうですかこの素敵な拝殿。なんていうんだろ、ひょっこり神様が出て来そうな、神々しさよりも身近に神様を感じられるような親しみやすさ。これぞ日本の原風景。

城の遺構を探して

さて、城跡に来たのですから、於保天満宮が於保城であったころの痕跡を探してみましょうか。ちなみに、この天満宮の石積みは城と関係なさそうです。於保城の時代、城に石垣があるのは一般的じゃないんですよね。

城跡っぽいところはないかと探して歩いていると、まず目に着いたのが社殿の裏側、郭を囲うように土の盛り上がりがあります。高さは50センチほどでしょうか。これは土塁跡のように見えますね。

写真右側が於保天満宮、道路に対してかなり盛り上がってるんですよ。この盛り上がりは土塁跡で、この道路は堀だったんじゃないでしょうか。

さらに天満宮の隣にある田んぼ、その向こうに見える土の盛り上がりが気になりますね。

近づいてみるとこんな感じ、これは土塁でしょう、違うのかなぁ。

そのまま土塁跡のような土の盛り上がりを超えると、そこには堀のような水路。堀と土塁、このセットは中世平城の鉄板構成、その向こうに見えている瓦屋根が於保天満宮の社殿。もし違ったとしても、かなり城跡をイメージしやすい画ですよね、この写真。

於保天満宮の東側にあるこの水路、他の水路と違って城の堀跡っぽいんですよね。

こうやって見ると、いくつかの郭があったように見えますね。複数の郭を持つ中世平城、佐賀の場合水路が縦横に巡らされているので堀は水堀だったと思われます。なんだかんだで城跡っぽいですねぇ、専門家じゃないのであくまで感じがするという程度ですけど。

廃寺となった菩提寺と一族の墓

於保天満宮の鳥居の前を鳥居をくぐらず左折、そのまま西の方へまっすぐ歩いて行くと於保一族の墓がありました。

この場所には一族の菩提寺として長禅寺が建立されました。いまは廃寺となり寺はなくなっていますが、於保一族の墓が田んぼのなかにポツンと残されています。

於保氏は南北朝から戦国の戦乱に巻き込まれていきます。1505年には横辺田(江北町小田)の戦いで於保馬太夫資宗が討死に。1534年には弼親が大内氏と龍造寺家兼との戦いで、龍造寺方で出陣して討死に。1543年には龍造寺隆信の祖父龍造寺家純に従って多久城攻めに参戦。龍造寺軍は敗退し、鎮宗が搦手の志久峠で討死に。なんと3代に渡って一門が相次いで戦死しています。

このことにより於保氏は衰退、一時は館も亡くしてしまいます。しかし於保鎮宗の見事な戦いによる軍功として、龍造寺氏によって再興されます。

そして運命の時、大友宗麟による村中城包囲戦が始まります。於保氏は大友氏に従い軍の先鋒を務めますが、この戦いは今山への奇襲攻撃により大友軍が瓦解。龍造寺隆信の勝利となり、於保宗暢は奮戦虚しく討死に。於保村に居城を構えた於保氏はここに滅亡します。

しかし、於保一族には今山の戦いで鍋島勢に参加した人もいて、於保賢守は今山の奇襲作戦にも鍋島直茂に従い龍造寺側で参戦。その後、多久攻め、須古攻めに参陣して抜群の活躍をして、江戸時代になると一族は鍋島藩に仕えたそうです。

最後に

こうやって実際に中世地方領主の館跡を訪ね、周辺の大勢力の間で生き残りをかけて戦い続けていた人たちへ思いを馳せる。川を挟んでスグお隣にやって来た鍋島氏は藩主になり、かたや於保氏は激戦を戦い抜き多くを失いながら歴史の中へ埋もれていく。

菩提寺を失い田畑の中にポツンと残るこの墓所は、まさに栄枯盛衰、諸行無常を象徴しているように思います。

お城情報

於保城
築城年:1255年?
城主:於保氏

於保城跡(於保天満宮)→Googleマップへ

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA