• HOME
  • ブログ
  • 城跡
  • 「勢力福寺城跡群」まるで縦深防御陣地、戦国大名の本拠地!!肥前佐賀、少弐氏最後の居城

「勢力福寺城跡群」まるで縦深防御陣地、戦国大名の本拠地!!肥前佐賀、少弐氏最後の居城

戦国時代末期、いわゆる織田・豊臣の織豊時代と言われる安土桃山から江戸時代に築かれた城というのは、それこそ広大な城域を確保し石垣や城壁、水堀といった巨城、とにかく金のかかった豪華な城塞です。しかし戦国の全盛期における大名の城は、日本百名城に選ばれるような立派な城ではなかったのです。

「勢力福寺城」リアル戦国守護大名、少弐氏最後の居城

地図:国土地理院

ということで、拙者が一押ししたいマイナー系だけどすんごく立派な山城、佐賀神埼市にある勢福寺城であります。ここにいつ誰によって城が築かれたのか、定かではありません。一説には室町幕府によって九州に置かれた機関、鎮西探題の長を一色氏が務めていた頃、一色氏によって築かれたと言われています。なので室町時代の初期ですかね。

この城が歴史の表舞台に登場するのは、まさに戦国時代。北部九州、筑前や肥前を収めた名門少弐氏が周防山口の大内氏との抗争に敗れ、筑前を追われて肥前に逃れ、ここ勢福寺城を居城としてからの事。

この城は佐賀最大の山城跡で、佐賀城とはまた違ったリアルな戦国城として戦国ファンからの人気を集めてる城。周辺に松崎城や横大路城、日吉城といった出城をもつ城でした。戦国時代の大名の城って単独ではなく、出城と連携した縦深陣地になってるんですね。

上にのっけた地図が、その出城と勢福寺城の位置関係。ひょっとしたら、もっと出城があったかもしれない。

写真:国土地理院

でもって、上の地図で丸く囲んだ勢福寺城跡の部分を切り抜いた航空写真がこれ。

背振山系の険しい山を背後にした山城で、南からの侵攻に備えた構造。出城を抜かれたら、山の麓にある南東尾根城塞と雲上城で侵入を阻み、その奥の館地区入口には推定4メートル近い高土塁が築かれていました。

そこで防ぎきれなければ、いよいよ最後の山城部で敵を迎撃することになるのです。まさに縦深防御というやつ、いわゆる邀撃漸減(ようげきざんげん)作戦ですね。

城の入り口から見たらこのような位置関係、山城がある城山から続く尾根に城塞を築き、それが西から中央(左から右)へとせり出してきています。さらに東(右側)の小高い尾根には雲上城という城が築かれていました。

城主の館などがあった館部へはこの城塞と雲上城の間を通る街道を直進する必要があり、ここに門や関所を作ってしまえば完全に外部と分断できるようになってるんです。

さらにこの内側の地域には釜跡なども見つかっているので、鍛冶なんかもあったんじゃないでしょうか。籠城に備え、ある程度の物資を自給できる構造になっていたと思われます。

城の入り口を守る南東尾根城塞と雲上城

南東尾根城塞の外側(南)部分、この道に見えるところと隣の田んぼが堀跡。広いところでは横幅20メートル以上、深さ5メートル以上もあったのだとか。右側が尾根からせり出した高地になるのですが、人工的に斜面を急角度に加工された切岸になっています。

尾根の上は段々に削平された郭が構築されていて、その中にひと際高い場所がありました。

どうだろ、見張り台というか櫓跡じゃないでしょうかね。それほど広くはないですが、もともとが高所になっている場所に、さらに二段くらいの盛土っぽくしてある。小さな見張り台のようなものが建っていたといわれると納得できるような場所ですね。

写真じゃ伝わりにくいんですけどね、かなり段々になっていて明らかに人の手が加えられたと分かる場所が尾根全体に広がっています。

雲上城はこれ、高さ数十メートルの小高い丘のように見えます。少弐氏の城館ではないかと言われている場所です。

ここも段々に郭が配置されていますが、城と名前がつくだけあって南東尾根と比べるとかなり広い空間があります。構造的には複数の郭を組み合わせた、城館のような造り。

土塁の跡などもかなりしっかりと残っています。

通路から先には帯曲輪。

そしてここが虎口でしょうね、かなり狭い通路から喰違いの虎口になっていました。

広角レンズじゃないのと、立体感が上手く伝わらないのか写真だとこんな感じですけどね、実際に中へ入れば凄いですよ。くっきりと郭の跡が残ってる。構造がとても分かりやすいんです。

ここは思った以上に遺構が残っていて大興奮、もっとちゃんとした整備をすればいいのに。

この辺りはすでに高台になっているんですけど、南東尾根と雲上城の南側に広がる田畑。城原という地名が今も残っていて、市場や元屋敷なんて地名もあるらしい。ここは勢福寺城の城下町だったのですね。

館地区

続いて館地区、入口は高土塁に挟まれた虎口。この土塁がめちゃめちゃ高くて、計った訳じゃないので正確にはわからないけども、4メートルくらいあるんじゃないでしょうか。へ~~って見上げるくらいあります。

内側から高土塁をみたのがこれ、一緒に写ってる木と比較してみても、かなりの高さでしょ。

この館地区には城主の館があったのか、はたまた城主の館は雲上城でここは重臣や一門の館だったのか、詳しい事はわかっていませんけど、少弐氏滅亡後、江上氏が入ったころに整備された武家屋敷群ではないかといわれています。

人工的に削平された、かなり広い平地。屋敷跡なのか、庭だったのか。

道は全体的に細く、防御を考慮した作り。ときおりこのような巨石があります。

 

山の尾根と館部を切り離す堀。かなり長い堀で、山の斜面にそってずっと続いています。堀下道かな。

堀の横に、もう一条、並行して掘られた堀。二重の堀で守られています、縄張り図だともう一条あるので三重の堀。この区画はかなり重要な人物の屋敷があったのでしょう。

勢福寺城の山城を攻める

現地に立てられていた勢福寺城の縄張り図。遺構もかなりしっかり残っていて、城跡ファンにはたまらない素晴らしすぎる城。もっとメジャーになって良いと思うんだけど、少弐がマイナー過ぎるんだろうか。

登山道が整備されているのは、城原地区にある種福寺の裏手から。この寺は龍造寺と対立して少弐を支え続けた忠臣、江上武種の墓があります。

この江上さん、戦国時代には珍しい武士の鑑のような人で、最後の最後まで少弐のために龍造寺隆信と激戦を繰り広げます。主家滅亡後は龍造寺に降りますが、大友宗麟が攻めてくると再び龍造寺に反攻し主家の仇討ちに燃えるんですね。しかしこの戦で大友が龍造寺に敗れ、江上武種はここ勢福寺城に籠って抵抗しますが鍋島直茂に攻められ落城。隆信の子を養子に迎え入れて家督を譲り、再び龍造寺に仕える事になります。隠居後は龍造寺の忠臣として使え、隆信死後は直茂を支えて家中の安定に尽力し、豊臣政権が樹立されたのちは朝鮮へ出兵。釜山で病死しました。まさに戦いに生きた武将、いや、武人ですね。

龍造寺隆信って残虐っぽい事を言われますけど、けっこう敵を許してるんですよね、家族を殺してもいないし。ただ、裏切り者には相当厳しい対処をしたみたいですが。

で、ちょっと脱線したけど話を戻しまして、ここが勢福寺城の登山道入り口。まあ、館地区からでも登っていけるんだけど、道として整備されているのといないのとでは登り易さが全然違いますからね。

ソロで動いているので、安全を期して登山道を利用します。

山城ですからね、道はかなり険しい。人が歩きやすい場所というのは限られているので、登山道があるなら迷わず利用すべし。

しばらく登ると開けた郭のような場所に出ました、櫓跡ではないかと思われます。ここが南東尾根城塞群の最高所、下から敵が登ってくると狙い撃ちできる場所です。竪堀が幾筋かほられ、道が蛇行しています。攻城側は姿を晒す時間が長くなるので、厳しい攻撃にさらされそうです。

ちょうどこの場所ですね。この先にももう一か所、竪堀と郭が設けられています。

おっと、いきなり堀切ですよ。突然道が無くなったように見えますらね……なんて立ち往生したら向こう側から狙われます。縦列で進行していたら、後ろの味方に押されて落ちるかもしれないし、落ちてもたついたらところへ石なんか投げつけられたら痛そう。おっかないねぇ。

急峻な山を登り、さらに敵からの石や矢による攻撃を掻いくぐり、なんとか山頂部の城郭へ到達しました。

てことでね、全部写真で紹介してもぶっちゃけ意味わかんないと思うので、この縄張り図を使って攻略してみようと思うんだよね。で、まず大きな郭。

広いでしょ、ここに様々な施設が建っていたんでしょうね。もちろん倉庫もあったろうし。

見晴らしも最高です。

ここで敵の動きを見ながら評定するんですよ、評定。

で、だいたい郭の縁にはこういった土塁(土居)ってのが築かれていて、上から敵は見えるけど下から中は見えない状況になっています。

切岸は土を除けて急斜面を作ることが多いので、切岸下に郭がある事も多いんですけどね、とにかく戦国の城は石垣ではなく土で作られた城が主流なので、捕まるところのない急斜面を作り登れなくしたうえで土塁で固めてしまえば下から上へ攻撃することが出来ないのです。

更にほら、土塁の内側の郭には人の頭くらいの大きさで、ド頭かち割れそうな石がゴロゴロ。投石(礫)は戦国期だとメジャーな飛び道具ですからね。城には敵の侵攻に備えて石を集めていたはずですから、これってまさか……本気で投げるための石だったのかもしれませんよ。

下から斜面を登ろうとする敵に、上から石を叩きつける。さぞかし気持ちいい……いや、凄惨な戦いが繰り広げられたことでしょう。

続いて堀切ですね、これも基本中の基本。役割としては、区画と区画を切り離す設備です。

上の写真は堀切の下に降りて、横から撮ってます。右の斜面の上に歩いてきた通路があって、左方向が主郭部へと続く郭群。ちょうどここで区画が切り離され、先へ敵が侵攻するのを防ぐのです。

通路の上から堀切を見ると、こんな感じで通路の先が突然落ち込んでるんです。普段はこの上に板橋などを架けておいて、区画を放棄し更に奥へ撤退するときに橋を外せば通路が無くなります。

大きな堀切と竪堀はセットで配置される事も多く、勢福寺城の下の城と上の城を分ける大堀切には竪堀があります。

この事により通路から降りて迂回しようとする敵を足止めし、高所から敵を攻撃することができるのです。

いよいよ最後の中枢部、山頂の主郭部へと攻め上りましょう。と思ったんですけどね、ここは大堀切で切られているうえに高低差もかなりあり、足が場がめちゃ悪いんですよ。

こんな岩がゴツゴツ、しかも竪堀が所々にあるし。とてもじゃないけど、大人数で押し掛けられる場所じゃない。しかもここでもたついたら、上から猛攻撃受けちゃうし。

ということで、軍勢は回り込まざるをえない。しかし、しかしですよ、迂回したら大人数で攻めるスペースはあるけど更なる地獄が待ち構えているのです。

北川は背後の背振山系の山々、その真っただ中。どっから攻めても急斜面、取り付ける平地が無い。なので大人数で攻めるのは難しく、比較的緩やかな場所は竪堀が掘られ複数の郭から包囲攻撃を受けてしまう。

南は比較的傾斜が緩く、麓方面からなので人数を展開しやすいのだが……この城は南側に鶴翼で構えている。

南側斜面に残る堀跡、かなり埋まってるから大したことなさそうだけど、実際は人の背丈より深い穴だからね。横幅は2メートルくらいありそうだし、そう簡単に越えられない。

しかも斜面には岩がゴロゴロ、足場が悪い。おまけに城があったころはこんな木がないからね、捕まるものもなく身を隠す場所もない。

南西側、最下段にある郭を取って、上の郭を見上げてみると……この高さから投石されたら死ねる。

ここは曲輪Iと書かれていた西にある大きな郭。斜面側には土塁の跡が残る。

しかもかなり広い、多くの兵が詰めて下から登って来る敵を迎え撃つことができる。

ちなみに、ここが勢福寺城の主郭部。これも広い、さらに周りは完全に削られて切岸の急斜面。断崖絶壁に囲まれた最高所になってます。

入口はこの城で唯一採用されている、四角く繰り抜かれた枡形の虎口。

その一つしたにある大きな郭には見事な土塁が残る。ここは北にも南にも備える事の出来る郭、かなりの広さがありますね。

主郭の下にある郭から、主郭を見上げるとかなりの高低差があります。ロープが張ってあったから良い物の、なかったら降りるのも一苦労でした。

ということで勢福寺城、リアルな戦国大名の居城を見てきたわけですけども、どうっすか、凄いでしょ。ぶっちゃけ、熊本城みたいな権威の象徴としての豪華な城よりも、工夫に工夫を重ねて造られたこういう中世の城の方が拙者は好きなのですよ。

しかもこの城、すんごく綺麗に遺構が残っているんです。

こんな井戸の跡もあるしね。

もっと綺麗に整備してほしいなあ、佐賀県さん。どうにかなりませんかね、ここ。凄くもったいない。

郭の広さというか、城の規模も大切なんですよね。狭すぎると籠れる兵力自体が少ない。しかしこれくらい大きな郭を備えた城になると、かなりの兵が籠れるだろうから攻める方は大変。龍造寺隆信が攻めあぐねたわけですね。

よく小説や漫画を見ていると

「後詰のない籠城は愚策」

なんて偉そうに言う武将が居たりするんだけど、戦国時代における地方の籠城戦なんてのは時間が稼げればよかったんですよ。城を囲んで兵糧攻めなんてのが有名ですけど、城に籠って攻撃側の兵糧が尽きるのを待つのも作戦の一つ。動員された兵は農民ですから。何か月も田畑をほったらかしにできませんからね、長期間の対陣てのは難しかったんです。攻撃側が城を囲んで落とせず退却なんて戦は、数えきれないくらいありました。

だから守りの硬い山城に籠るってのは、有効な戦術だったんですね。

参考:戦国時代の雑兵に支給された兵糧と水の量、戦国時代の軍勢における食料事情

少弐冬尚の墓

勢福寺城の麓にある真正寺、ここには最後の少弐氏当主である少弐冬尚の墓があります。

少弐氏は藤原氏の一族、武蔵の国に土着し武蔵の藤原ということで、武藤を名乗ります。鎌倉時代に九州へ下向し、大宰府の役職である太宰少弐に任ぜられ、代々その職を務めた事から少弐氏を名乗るようになりました。

一時期は豊前、筑前、肥前の守護として現在の福岡県、佐賀県、長崎県にまたがる地域を支配する大大名となりました。しかし幕府と対立し、室町幕府によって設置された機関である鎮西探題と衝突。幕府は周防山口の大内氏に鎮西探題を助けるよう依頼し、少弐対大内の仁義なき戦いが勃発。応仁の乱以降中央で活躍し海外貿易などで莫大な富を築き上げた大内氏の前に、少弐は敗戦を重ねて大宰府を追われ肥前へと落ちのびます。

そのとき居城としたのがこの勢福寺城でした。佐賀に残る他の城とは一線を画する、堂々たる守護大名の居城。その規模は佐賀県随一でしょう。

しかも遺構は非常に綺麗に、そして大規模に残されています。

大内との戦で追い詰められ、後のなくなった冬尚。龍造寺の力を恐れた家臣の讒言に乗せられ、佐賀の有力国人である龍造寺氏に刃を向けてしいます。その結果、冬尚は龍造寺隆信に追い詰められ、勢福寺城に籠り何度か撃退しますが、永禄2年(1559年)勢福寺城は落城、少弐冬尚は城内で自害しました。ここに鎌倉以来続いた九州の名門少弐氏は滅亡し、九州で唯一の下克上による戦国大名が誕生します。

かつては北部九州の過半を支配下におさめた少弐氏、その当主の墓は小さくひっそりと寺の隅にありました。

寂びの風景ですなあ。

城原の美味しい鯛焼き

そうそう、この勢福寺城のすぐ近く、城原にある鯛焼き屋さん。その名も「日本一たい焼き」っていうんだけどね、ここが美味しいのよ。

最初は何にも知らなくて、ただ日本一っていうくらいだからね、それなりに自信があるんだろうと思って立ち寄ったわけ。

こんんか感じで一枚一枚やいてるんだよね。

ねだんも結構手ごろだし、とりあえず「小豆あん」を買ってみたところがさ、すんごく美味しかったんだよね。

あんはかなり甘め、だけど生地が凄く香ばしくて小豆の味もシッカリしてる。これは美味しかったねぇ、見に行ったついでに小腹がすいたら立ち寄ってみると良いかもしれない。

関連リンクなど

勢福寺城の写真がもっと見たい

佐賀最大級の山城跡「勢福寺城」は見どころ多すぎ!全4ページになっちゃいました。-佐賀ポータル

勢福寺城-城郭放浪記

真正寺→佐賀県神埼市神埼町城原558-Googleマップ

日本一たい焼

日本一たい焼公式サイト

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA