新人向け、武士の心得基本編!!「太刀」と「打刀」戦国サムライの武器を知れ

刀の大小二本といえば、太刀と脇差と思っている人が多いんじゃないだろうか。刀を扱う際に「太刀さばき」とか「太刀すじ」なんて言いますもんね。

で、拙者も脇差じゃない長いほうの刀は太刀だと思ってたんですよ、大人になるまで。だがしかし、この刀は二種類あるんです。

太刀と打刀

大小二刀というけども、長いほうの刀は二種類あって、一つは皆も良く知っている「太刀」ですね。それと、もう一つはあまり聞いたことないなあという人もいるかもしれない「打刀(うちかたな)」という刀。この二つの日本刀は、利用シーンによって分けられていたんです。

まず太刀についてなんですけど、太刀は馬上で使うことを前提とした騎馬武者用の刀のことなんですね。刀身は長いものが多く、片手で使うことが前提なので抜刀しやすいよう反りが大きく作られています。

対して打刀は徒歩の兵が使う歩兵用の刀、歩兵による集団戦が主流となる室町後期、戦国時代から使われるようになった刀です。反りは太刀より小さく、場合によっては両手で扱うこともあるので、江戸時代になると肉厚で丈夫な刀が作られたりしているんです。

また戦国時代は太刀よりも打刀を使う武将が多かったので、太刀を短く切り詰める「擦りあげ」という加工をして打刀にしたりもしたんです。太刀を打刀にした日本刀は、織田信長で有名な圧切長谷部なんかが有名ですね。

なので鎌倉時代までの武士が持っていた大小といえば太刀と腰刀が主流だけれども、戦国時代から打刀が使われるようになり、江戸時代になると刀の最大長が規制されたために長い太刀は擦りあげて短くしなければならなくなりました。その結果、長い太刀は打刀へと姿を変えたのです。

太刀と打刀見た目の違い

では太刀と打刀、見た目でどう違うのか。ぶっちゃけ、反りがどうとか言っても刀身だけだと見分けはつかない事も多いと思います。そこで見分ける方法として一番分かりやすいのが、刀は装備するときと同じ向きに飾るのが原則なので、それぞれ装備時の向きに注意すればバッチリ見分けられます。

まずは太刀。太刀を装備するときは、刃を下に向けます。さらに腰ひもに差すのではなく佩く(吊る)ため、鞘があれば腰に吊るすための金具と紐が付いているため更に見分けやすくなります。

太刀を佩くとは、紐で吊るということ。佩刀(はいとう)というのは、太刀を佩くことをさします。佩刀すると刀の反りが下を向き、刃も下を向く。分かりますかね、この写真で。

腰ひもに、鞘に付けられた紐と金具で刀を吊るしています。

馬に乗った状態で、片手で刀を抜くにはこの形が扱いやすいんですね。

続いて打刀。打刀は装備時に反りを上に向けるので、刃が上です。おそらく博物館などでよく見かけるのがこの形だと思います。太刀と違って腰ひもに差すため、鞘には吊るための金具が付いていません。

打刀は腰ひもに佩く(吊る)のではなく、腰ひもに差し込みます。刀を差すことを、太刀の佩刀に対し帯刀(たいとう)といいます。反りは上向きのため刃も上向きになります。

刃を上に向けているので、片手で抜刀し、そのまま打ち下ろすことが可能になります。この動作が打刀という名前の由来とも言われています。

居合道なんかはこの差し方なので、普段から良く目にすると思います。新選組や幕末の剣豪なんかもみんな打刀を使ってたんですね。

半太刀⁉

あと、太刀と打刀の中間的な刀として、半太刀というのがあるそうです。太刀のように刃が下、反りが下向きになるのに腰に差す、帯刀するタイプの刀だそうで。拙者は見たことが無いのですが……

この刀の見分け方としては、鞘に付けられた紐を通す穴が刃を下向きにしたときに左側になります。打刀は刃を上にしたとき、紐を通す穴が左にある。これが見分けるポイントだそうで、鞘が無けりゃ見分けがつかねえじゃんという話。

まあ、あとは刀をよく見る事でしょうね。意識して数多くの刀を見ていれば、そのうち目利きなんて言われるかもしれませんよ。

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA