香川県のゲーム規制条例、無責任すぎて議員全員がバカじゃないかと思った。大丈夫か?うどん県

ルールを決めるなら、守られるルール、そして守らせる具体的な方法をセットで考えないと何の意味もないんだよね。ゲーム時間を制限して監視する仕組みがない。それで本当に守られると思っているなら、頭がおかしいか、何かが足りない、いわゆる「脳タリン」だと言わざるを得ない。大丈夫か? 香川県。

香川県でゲーム利用時間制限付きの条例

NHKのニュースによると、ゲームやインターネット依存症対策として一日のゲーム時間を制限する条例を作ろうとしているらしい。

香川県議会が、全国に先駆けて検討しているゲームやインターネットの依存症の対策に関する条例の素案に、高校生以下の子どもを対象にゲームなどを利用する時間を1日あたり平日は60分、休日は90分に制限するなど、具体的な制限が盛り込まれることがわかりました。

ニュース元⇒県条例素案にゲーム利用時間制限

このニュースを見た瞬間、こんな話を真顔で論じている議会の様子を想像してしまい、続けてバカだこいつらと本気で呆れた。というのも、まずもって、一体どうやってこのルールを守らせるつもりなのか。平日60分、休日90分と定めた根拠はいったいどこにあるんだろうか、さらに、誰が監視するのか、そして違反者をどうやって摘発するのか。

アホやろこいつら、マジで。

例えば、初期のキャラクター設定に凝ったオンラインゲームを始めたとすると、キャラ設定が終わる前に1時間経過する可能性がある。休日でも1時間半でキャラ設定が終わらない、あるいは、終わったと思ったらゲームほとんどできなかった。そんなシーンも考えられる。

そんな状態で、止めろって言えるか?

誰が言うの? 親が? それで親子喧嘩になったり、ギスギスしたり、どうする?

罰則はなく、守らせるのを親の責務に? スマホゲームはどうする、一日中親は子供に張り付かなきゃいけないのか。そんなこと出来るわけがないのに。

親の責務、言いっぱなし、丸投げ。県が監視して摘発できる仕組みを作れ。言いたい事だけ言って、運営にかかわる具体的な部分の全部を親に丸投げってさ、大人としてあまりにも無責任じゃないかね。

本気で守らせる仕組みを作らないルールに意味はない

ルールというのは杓子定規に守られるものであって、守ったり守らなかったりという状態にしてはダメだ。なぜならば、ルール自体が軽く扱われるようになるから。

ルールを守ることが出来ないのなら、守られない理由を明らかにし、守られるようルールを改正すべき。なので、守らない者は全からく摘発しペナルティを与えるべき。最初から違反者を摘発する仕組みがなく、罰則もないなんてありえない。

ゲーム依存症対策の条例案、決まれば香川県が全国に先駆けてとか誇らしげな言い方してるけども、いま漏れ聞いてる内容だと『全国に恥を晒してるだけだ』ということに気づいたほうが良いんじゃないかな。

禁煙区域とかもそうだけど、日本は守らせる気が無いルールを作りすぎる。

かつて拙者がフィリピンのダバオへ仕事で出張した際、路上でタバコを吸おうとしたら現地のフィリピン人スタッフに頭を押さえられ、車の影にしゃがんだ姿勢で「ここは禁煙区域、タバコ吸ったらポリスに捕まる」と真剣に怒られたことがある。周りを見渡すと、なるほど、誰も喫煙者が居ない。しかも吸い殻ひとつ落ちてない。喫煙を許可された場所以外、ここは全面禁煙区域なのだ。各所で警察が眼を光らせていて、違反するとその場で罰金を払わされるという。

先日、博多駅へ行った。条例で、博多駅周辺は禁煙区域に指定されている。拙者は禁煙に成功してタバコを吸わないが、ふと見ると中年男性が堂々と路上でタバコを吸っていた。さらに、歩道の脇は吸い殻だらけ。ここは禁煙区域で灰皿が無い。そのため吸い殻は捨て放題。取り締まりの警察官はいない。こんなことになるのなら、禁煙区域ではなく指定場所で喫煙するようにして灰皿を設置し、分煙区域にしたほうがよくないか、と思った。

決めたのなら、しっかり警察官を配置して頻繁に摘発すれば喫煙者も激減するはず。あるいは、駐車違反のように喫煙者摘発業務を委託してもいい。なぜしないのか……

守らせる気のないルールに意味はない、政治家のポーズ、パフォーマンス、仕事してますアピール、そんな浅はかな理由で作られる条例。有権者はちゃんと見てますよ、こいつらバカだって思いながら。

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA