「丸徳丼」佐賀で1番の名物カツ丼スペシャルメニュー【丸徳大和店】

九州にある戦国時代の聖地巡りに行きたくて、行ける場所からコツコツと行動し始めた感のある、ソレガシ。戦国時代のエピソードと、その現場へ実際に足を運ぶことで歴史にコネクトしちゃう楽しさは一度味わうとやみついちゃうわけです。そんな歴史の旅に、さらなる楽しさをプラスしてくれるのが美味しい食べ物、いわゆる兵糧ですな。

佐賀で1番と言い切っちゃう潔さ

はい、言い切っちゃってます。1番です、佐賀市にある店だけど、市じゃなくて県で一番ね。いわゆる県大会優勝ですよね、これ看板に書いて言い切っちゃう痛快な看板。2番って書く人はいた気がするけどね、1番はケッコウ勇気がいりそう。

やってきたのは佐賀市大和町、福岡市と佐賀市を結ぶメインストリートである国道263号線の広いほう沿いにある「丸徳大和店」だ。拙者、カツ丼には目が無い系の武士なれば、県で1番との売り口上を目にしたからには引くわけにはいかぬ。

「丸徳のカツ丼はカツを幅広めに切って、秘伝のタレが肉に馴染み、美味しく食べられます」という、さすが佐賀県1番というだけあって、カツ丼のためにここまで書いてしまう姿勢も凄くイイ、期待は膨らむばかり也。

さらに牛肉入りや天ぷら入りというスペシャルカツ丼も用意されている。ちなみに、よくばり丼は牛肉とカツを玉子でとじたタイプ、丸徳丼はエビ天……以下同。値段を見るとかなりビビるけどね、拙者が受け取る一日当たりの俸禄の何割にになるのか……いや、いまは考えまい。県で1番のカツどんなのだ。

お店の中はケッコウ広い

店の中にはいってみると、これがまた意外と広くて明るくて清潔感がある。それでいて少し垢ぬけないというか田舎の定食屋っぽさがあったりして、旅情をくすぐるように刺激してくれる適度さが好ましい。

お子ちゃま連れにはもちろん小上がりが用意されている。盆や正月になると、じいじ、ばあば、若夫婦に幼児という親子三代による団らん風景が見られるに違いない。

佐賀といえば有明海苔、海苔かけがあって……ウ、ウェブ丼⁉ いや、このネーミングに至った背景はわからないけども、とりあえず丸徳丼とよくばり丼を組み合わせた更に贅沢なカツ丼ということはわかった。(小)野菜炒め付という何でもありかんがすげえイカす!!

いやあ、歩いたからねケッコウ。昼前に佐賀入りして、いまはもう3時前。お腹が空いたのでパパッと注文、そして出てくるまでの待ち時間は10分ほど。

佐賀県で1番のカツ丼、その実力は⁉

ちゃんぽんとか皿うどんとか、丼もの以外にもいろいろあったんだけど、佐賀県で1番というカツ丼を食べに来たのだから注文はもちろんカツ丼系。普通のカツ丼は850円だったのだけど、なんか、それだけだと悪い気がして丸徳丼、¥1,100を注文してやったのだ。漬物お吸い物付き。

これアレだね、後がけしてるね、溶き玉子。けどトロフワ感が伝わってきて、見た目のビジュアルは最強にいいかもしんない。角のように突き出す2本の海老尾が強そうというか、実に誇らしげだったりもする。

幅広カット宣言がなされていたカツ、実際に見てみるとやはり幅広。この斬り方は刺身といっしょ、そぎ切りというやつじゃなかろうか。斜めに断面積が大きくなるように切られている。

ひと口たべると、あっ柔らかい、で、幅広だけど厚みはない。味はカツのウマさが猛烈、出汁の旨味のあとからタレのコク、最後にシッカリと肉の味が口に残る。これは痛快、これほど肉の美味しさを感じるカツ丼は初めてかもしれない。

脂身の甘さと香り、そして赤身が持つ肉の旨味と仄かな獣の香り。うまいね、ほんと、さすが県で1番というだけの事はある。だしとかタレは他でもっと美味しいのがあるかもしれない。が、カツ丼で肉の美味しさをここまで感じる事は珍しい。

エビは開いてから衣を付けているのかもしれない、こちらもカツに負けないくらいのワイドボディ。プリッとしてエビの香りはそこそこ、こっちはアッサリ目かもしんない。タレというかダシの味もエビ自体にはのっていないけど、衣がガッツリ出汁をすってるのでこれはこれで完成されてるね。

食べごたえはシッカリ、見た目以上にボリューミーなのだ。

しかしこの玉子みてよ、いい感じのトロトロ具合いでしょ。

ご飯にもシッカリ味が沁み込んで、トロトロ玉子がふわっと包み込んでいて、とってもマイルドざんす。味はケッコウしっかりしているんだけど、喉が渇かないんだよね。ベースの出汁が強いからかもしれないけど、拙者もプロではないのでそこは如何とも言い難いところ。

あと吸い物も美味しかったね、昆布がガッツガツに利いている。京風というよりは食い味系の大阪っぽいダシの取り方、なかなかグッとくるパンチのきいた昆布だしだった。

貧乏人の拙者には少し贅沢すぎる気がしないでもないが、この出来ならば食べてよかったと素直に思えます。うん、美味しかった。

お店情報みたいな

丸徳大和店
住所:佐賀市大和町尼寺1942-2→Googleマップへ
定休日:不定休

お昼は15時で閉まる。夜は知らない。

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA