「足軽=悪党」戦国時代の足軽、実態は盗賊と傭兵のハイブリッドだった

足軽って雑魚、いわゆる雑兵だと思っていたら、じつは強かでたちの悪い悪党どもだったでござる。武士の作法を知らず、そまつな武器を持って暴れまわる無法者。下克上の地方への拡散と自衛と強奪、守られる存在から自立した組織へと変化していくとともに、武装組織化していくのです。

足軽の誕生は平安時代

足軽の歴史は意外と古いというか、まあ、名もなき下級戦闘員なんて戦闘集団が作られた瞬間からいるんだろうけど、ドラマですら「イー!!」しか言えない人たちもいるんだし。そんな下級戦闘員、侍の軍勢なら雑兵=足軽という認識でだいたいよさそう。

で、その発生はというと平安時代くらいまでさかのぼり、武士を補助する補助戦闘員的な立ち位置で農民などから選抜されていた。まだ足軽という言葉はなく、従者や伴類、下人などと呼ばれていたらしい。平安から鎌倉の武士といえば馬上から弓を放つ弓戦がメイン、なので足軽たちは盾を持つ役、接近戦をこなすために長柄を持つ役、武士の予備の武器などを持つ役、馬の口取りなどを行といった役割別に従う人たちでした。

ただ、この人たちに忠誠心など全くなく、農繁期には勝手に帰ってしまったり負けそうになったらとっとと逃げだしたり、なかなか扱いにくい存在だったみたいです。

やがて武士の時代、鎌倉時代になると戦闘要員として重要な役割を果たすようになり始めるみたいですが、その性格は武士とは大きく異なり、食い詰めた人たちが扶持を求めて集まり勝ち馬に乗って略奪していくのが常。実際、略奪するものがなくなったとたんに逃げ散って、人数が激減するなんてことが当たり前にあったようなのです。

武装集団として凶悪化した都市部の戦国足軽

さらに応仁の乱あたりから無秩序さに拍車がかかり始めます。鎌倉時代まではまだ雑兵として誰かに使われる存在。そのため、ある程度は支配者に従うという最低限のモラルがあったのですが、応仁の乱を境に登場した足軽集団は、もはや盗賊といってもいい存在。ろくな武器も持たず、主君も持たず、ただ略奪目的で合戦に参加して好き放題に暴れまわる。危ないと思ったら、戦う事もせずサッサと逃げ出す。戦でなくても勝手に略奪のために徒党を組む。

このころの足軽は武装した無頼漢であって、功名心や出世欲すらもなく刹那的に生きている盗賊団でした。

そんな彼らを用いる武将たち、そこにはどんな思惑があったのかというと、盗賊だけに奇襲能力に長け、弱点を付くのが上手かった。少人数戦闘集団によるゲリラ戦のような市街での戦い、野伏り戦(のぶせりいくさ)などと言われたそうですが、そういった戦いに馴れた彼らの存在は武将にとって非常に心強かったようです。

さらに言うと、略奪を許すだけで過大な報酬が必要でなかったため、とても安く使える戦力だったんです。武士が手柄をたてると武功に応じて褒美を出さなきゃならない。それにくらべりゃ圧倒的に安上がりで、必要な時だけ使えばいいので実に都合のいい戦力だったのです。

足軽の側も権力者のお墨付きと武力を背景に略奪で一儲けできるのだから、悪い話ではないんですよね。労使ともにウィンウィン、奪われる側にとっては恐ろしい存在でしょうけど。

組織化され武装集団となっていく農民

武士の主従関係を元にした社会秩序の崩壊、いわゆる下克上による戦乱の拡大は都市から地方へと波及していく事になるんですよね。京都で起こった偉い人たちによる覇権あらそいから、地方での代理戦争、そして地方の国人領主たちの争い、当然ながら農民などの一般庶民も戦い始めます。

なかでも最も組織化が進んだのが農民の集団で、下級武士である国人と農民が結びついて自らの利益を守るために武力を行使しはじめます。惣村などと呼ばれた武装村、時には領主にも武力で対抗しました。こういった惣村を取り込むことで国人の影響力が高まり、領主を打ち倒す下克上に代表されるさらなる秩序の崩壊。それが農民やあぶれ者の自立を促進し、身を守るために大規模に組織化されるようになり、やがて戦闘のプロ集団となって戦国時代を形作っていくのです。

村が村を襲い、助っ人の呼び合いで大合戦

惣村など、村の武装集団化が進み、また牢人とよばれる無頼漢たちが集まった雑兵集団などが割拠しはじめると、武士と武士ではなく庶民どうしの戦いも激しさを増してきます。たとえば、今年は飢えそうだから他領の村を襲撃して食料を奪うなんてことが、当たり前におき始めるんです。

「長雨で不作になったので他の村を襲いたい、指揮する将を一人貸してくれ」なんて申し出を領主にしたという記録もあるそうで、こんな行為は別段珍しいことじゃなかったのが戦国時代。こうやって武士を巻き込み、合戦になれば略奪の限りを尽くす。人も、者も、無ければ奪うという世紀末覇者も真っ青の修羅の国、それが当時の日本だったのです。

さらにたちが悪いのは、応仁の乱の頃のような無法者の集まりではなく、秩序だった組織戦闘を行う武装集団であるという点。同じ村に住み、村の掟に従い、戦いの訓練までしている集団、そんな武装組織が他の村を襲うのです。組織と組織の交流や連携も促進され、村を襲うために助っ人を呼び、守るために助っ人を呼び、戦いの規模は次第に大きくなっていきます。

その結果、そういった武装集団をうまくまとめ上げた国人や領主による兵士の大量動員が可能となり、強力な戦国大名と化していくのです。

戦国時代と聞くと侍たちが争っていて、村人などは巻き込まれないよう逃げたりしながら耐えていたと思う人がいるかもしれないけども、ところがどっこい、農民などの庶民こそが最も好戦的で領主まで巻き込んだり、領主に逆らったり、弱った相手を見つけたら襲って略奪するなど、とにかく戦いに明け暮れていたのです。

ということで、足軽とは庶民の武装集団、場合によってはそのまま盗賊団になってしまうような人たちだったんですね。

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA