「日吉城跡」佐賀県の吉野ケ里遺跡内にある戦城、卑弥呼の墓伝説の地

戦国期の城というのは幾たびもの戦火にまみれて、戦いの舞台となった城がおおいんですよ。今回紹介するのもそんな場所で、龍造寺VS少弐の戦いの舞台となった城です。地元では完全に無視されてる城跡なのが悲しいけども、戦国の城なんて所詮……金にならないからねえ。

吉野ケ里遺跡の側にひっそりと建つ日吉神社(日吉城跡)

吉野ケ里遺跡の歴史公園にある北墳丘墓、そこから西へ少し離れたところにある日吉神社。実はここ、日吉城という戦国時代の城があった城跡なのです。いつ誰が築城したのか不明ながらも、龍造寺隆信と少弐冬尚との争いの中で何度か登場する城なので、少弐氏の肥前における最後の居城、勢福寺城の支城だったのかもしれません。

この場所からさらに西へ行ったところにある長者林といわれた場所で、龍造寺と少弐配下の江上・神代といった武将が衝突した長者林の戦いというのがあって、その時に敗れた少弐方の武将がここに立てこもってるんですよね。さらに少弐滅亡後、龍造寺に降った江上武種が龍造寺から養子を取らされて隠居。その隠居城がここなのです。

吉野ケ里遺跡の中といってもいいくらいの位置にある日吉神社、おそらくここが主郭だったんだと思われます。この吉野ケ里遺跡がある場所じたいが周りより高くなった丘陵になっているので、東の田手川を堀に見立て、丘陵を利用した城塞だったのではないかと推測します。

吉野ケ里遺跡の説明でも、中世は北墳丘墓辺りに砦が築かれていたとありますし、それが日吉城だったのではないでしょうか。

ちなみにこの吉野ケ里遺跡周辺は、幾度も大きな戦が起こっています。東方向から侵攻してくる敵に対する、佐賀を守る重要拠点だったのです。大内氏を退けた田手畷の戦い、佐賀の乱で最後の激戦地となった田手宿、いずれもこの周辺です。

城の痕跡を探して、神社に参拝

まずは日吉神社の鳥居、社殿がある場所は若干高くなっています。城の郭っぽいといえばぽいですね。

ちなみに、目の前というか周り全部、柵の向こうは吉野ケ里遺跡の公園です。もちろん見学は有料、日吉神社は公園の外にあります。

鳥居をくぐって中へ。大きな石が置いてあ。建物の礎石でしょうかね、もしそうだとすると、昔は割と大きな建物が建ってたのかもしれません。

社殿のある神社の最奥、ここが一番高い高地になっています。ここが主郭だったのでしょうか。

ここにもまた大きく平べったい石、礎石のように見えますよね。そしてこの周りの盛り上がり、神社の境内を取り囲むように土が盛り上げられているんです。土塁っぽいんですけどねえ、いつごろから残っているか知らないけども。

ね、周りに土が盛られてるのが見てとれます。

高いところはそれなりに高低差があって、高いところに乗って社殿をみるとこれくらいの高さ。いやあ、土塁であって欲しい。というか、激しく城跡っぽさがありますよ、ココ。城の遺構かどうかは知らないけど、見た目はモロに城。拙者の中で城認定して自己満足してればそれでオッケー、そんな物でしょ歴史なんて。

神社の拝殿から賽銭投げてお参り。凄くシンプルでいい味でてる神社です。

カッコいいよねえ、この建物。バランスが凄くイイんだよね、シンプルだけどずしッとくる存在感がある。

日吉神社のところから吉野ケ里遺跡の北墳丘墓を見るとこんな感じ、その向こうが下り坂になって田手川へと続く。一番高いのはやっぱ墳丘墓の上かもしれない、そんな場所だから見張りの物見櫓があってもおかしくない、てかあったんだよ、拙者の心の眼には見えている。

他に城跡っぽい場所を探そうと思ったんだけれども、公園としてガッツリ整備されてしまってるので城の遺構なのか公園整備されたばしょなのか見分けがつきません。

この辺りも郭っぽいんだけど、遺跡の発掘で掘り返した跡なのかもしれないし。

そのまま東方向へ歩いて行くと、どーんと目の前に佐賀平野。てか、この場所が佐賀平野の中でも珍しい高地なんですよ。目の前に田手川があって、ずーっと先は久留米に通じています。大内や大友の大群はこの先からやって来たんです。

城跡を見に行って格差社会を思い知らされた

これ見てよ、広大な敷地を使った太陽光発電所。ここ遺跡エリアなんだけどさ、凄くね?

てかさ、これで売電して儲けるわけでしょ、その金はいったい誰の懐に入ってるんだろ。

金と発言力のあるやつは、こうやって公園だろうが遺跡だろうが、金に物をいわせて稼ぐわけですよ。モテる者はますます富み、持たざる者はますます細る。

歴史ロマンを求めてやってきたら、リアルな現実の厳しさに叩きのめされたみたいな、悲しい気持ちになりました……太陽光発電所って利権と金の象徴だよね、マジで。こいつらが儲ける金って、みんなの電気代に上乗せされてんのよ、貧乏人である拙者の電気代にもね。貧乏人から搾取して、土地持ち、金持ち、中国人、地方の有力者、そんな連中の懐が膨らむのが太陽光発電。

お城情報

日吉城
築城年代 不明
城主 最後は江上氏

佐賀県神埼郡吉野ヶ里町田手→Googleマップ

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA