• HOME
  • ブログ
  • 城跡
  • 「飯盛城跡」龍造寺軍団の精鋭部隊『石井党』の本拠地、経済拠点としても重要な城

「飯盛城跡」龍造寺軍団の精鋭部隊『石井党』の本拠地、経済拠点としても重要な城

佐賀の龍造寺氏は鎌倉時代の村長みたいな規模の、小地頭クラスの土豪でしかなかった。そんな存在が次第に力をつけ、名門守護家を打ち倒し、九州3強の一角を占める大大名となれた秘密の一端が飯盛城にあるんです。

肥前飯盛城

佐賀城の南西、本庄の地にある中世城館跡。佐嘉飯盛城があったとされる場所には、常照院というお寺が建っているのだけれども、かつてこの場所は龍造寺氏に従う石井党とよばれる一族の居城でした。

築城されたのは1431年とされ、当時大宰府の守護であった少弐氏の一族である少弐資嗣によって築かれたそうです。その後、石井氏がこの周辺を知行することとなり飯盛城を居城としました。石井氏はやがて水ケ江龍造寺氏に仕え、龍造寺氏の躍進を軍事・経済両面から支えるという重要な役割を果たすことになります。

画像、国土地理院地図

この城の一番の特徴は、西方に位置する二つの川港を支配していたという事。昭和に入って自動車が普及するまで、日本国内の物流を船が主役として支えていました。

大量の物資を早く遠く、そしてきめ細かく各地へと運ぶには、船しかなかったんですね。その船が行き来する川と、その港町を支配するという事は地域の経済を支配するのと同義。さらに言うと、この地は海に近い川の下流域。下流の川港を押さえるという事は、ここから上流を行きかう荷物の物流をコントロール出来る立場にあるという事。飯盛城は、そんな河口近くの川港を二つもつ重要な城だったのです。

川港と沿岸の警備を担った城

国土地理院航空写真より

飯盛城は水路に囲まれた3つの郭からなる連郭式の平城でした。東、北、西は今でも堀跡の水路が残り、西にも細い側溝のような水路と堀跡と思しき道路があります。

さらに郭跡も分かりやすく残っていて、城であったころの姿を比較的残している中世の城跡なのです。

主郭があったとされる常照院の境内。

城跡北側に残る堀跡、東から西方向へ。

東側に残る堀跡、南から北へ。対岸に見えているのは常照院の建物。

西側はこのような水路、そして道路が城跡を縁取るようにありました。おそらく道路も含めて堀跡でしょう。

三の丸に隣接して建てられている天満宮、おそらくここも城域に含まれると思われます。

三の丸南端、ここが飯盛城の南端部です。これも堀跡でしょう。

主郭部内部は寺院の境内となっていて、石井氏などの墓が建ち並んでいます。

堀の外側にあたる場所には、こんな墓石群がありました。お寺の跡でしょうか、かなり古いお墓ですよ。

お寺の北端部、本堂の裏手はこのように庭園として整備されていました。

鍋島直茂の奥さんの実家

実はこの飯盛城、佐賀藩の藩祖となる鍋島直茂の奥さんの実家なんですよね。

チョットしたエピソードが残されていまして、とある戦で鍋島直茂が龍造寺隆信と共に出陣し、途中で飯盛城へ立ち寄った際、城内は昼食の準備などで大慌て。その混乱をみた城主石井常延の娘彦鶴姫、女中衆の手際の悪さに呆れて自ら人数分の鰯を瞬く間に焼き上げ、膳に供したそうです。

土塁があったので高所からとはいえ、この堀を飛び越えるのかぁ……

その一部始終を見ていた鍋島直茂が「こんな気転のきく女性を嫁にしたい」と言い出し、何度もこの城に足を運んで求婚したのだとか。あるとき城を訪ねたら、城兵に怪しまれて城へ追い立てられ、堀を飛び越えたところで切り付けられた。その傷は生涯残ったという。

結局二人は結ばれるんですけどね。

お城情報

佐嘉飯盛城
築城 1431年
城主 石井氏

佐賀県佐賀市本庄町鹿子16−1(常照院)→Googleマップへ

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA