「瑞石山 龍造寺」九州の戦国大名『龍造寺』姓の元となった寺は現存していた

瑞石山龍造寺、別名を高寺とよばれるお寺。龍造寺隆信で有名な龍造寺姓を名乗る地名の元となったお寺が、佐賀市の中心繁華街地域に現存しています。

龍造寺村の龍造寺

九州は戦国時代のみならず、鎌倉時代末期から南北朝、室町時代を通して戦乱の絶えない地域でした。少弐、大友、島津、菊池、伊東、渋川・今川といった幕府探題勢、数々の名族が生き残りをかけて戦いを繰り広げた西方辺境の島。

そんな九州が、戦国時代末期に大きく3つの勢力に集約されます。それが九州三国志と言われる大友、島津、龍造寺の3強時代。おそらく豊臣秀吉の介入が無ければ島津氏による九州統一が成っていたのではないか……と思うんですけどね。

で、その3強の1つ、龍造寺がなぜこれほど魅力的なのかというと、島津は薩摩守護職、大友は九州の王とまでよばれた名門守護、そんな中で龍造寺だけが小さな地方領主だったんです。常陸の国、千葉県の千葉さんの配下だった龍造寺氏、少弐氏に仕えるようになり、そして下克上で戦国大名に成り上がり、九州3強の一角へと突き進んでいくわけですよ。

龍造寺氏のルーツを探る

龍造寺氏の出自には諸説あって、最も確度が高いとされているのが藤原姓高木氏から出たという説。私が参考にしている武家家伝というサイトによると

この中で最も可能性の高いのは高木氏から出たとするものである。すなわち、大宰大弐を勤めた高木季貞の子季平が竜造寺氏の祖になったというもの。一説に、高木季綱の次男季家が文治二年、肥前国小津郡東郷内龍造寺の地頭職に補任され、龍造寺の地名を名乗るようになったものともいう。

武家家伝 肥前龍造寺氏より

藤原氏とは歴史の教科書にも出て来る藤原鎌足(ふじわらのかまたり)を祖とする一族。日本の名門氏族の姓として源氏、平氏、橘氏と合わせて「源平藤橘」という四姓の筆頭名門氏族なので一族も凄い数。

てかさ、九州の大名って藤原氏だらけなのよね、大友も島津も少弐も菊池も、みんな藤原氏なのです。

瑞石山 龍造寺

龍造寺があるのは佐賀市の中心部にある繁華街地区、白山町というところ。ちょうど寺の前にある通りから、佐賀で唯一のアーケード商店街白山名店街が見えます。

目の前には龍造寺八幡宮がありまして、龍造寺と八幡宮はもともと現在の佐賀城の中にあったものを鍋島さんがここへ移築したもの。

お寺の前はちょうど商店が立ち並ぶ商店街のようになっていて、そこはもう佐賀らしい昭和の世界なのです。

これね、佐賀というところはまるで時間が止まったようなというと大袈裟かもしれないけど、昭和の風景が色褪せながら今も残ってるんですよね。この色褪せながらってのがミソで、いい感じで寂れていく寂びの雰囲気がとても情緒があって素敵なんですよ。

かつての繁栄を偲ばせながらも現在進行形で色褪せていく町という感じがたまらない、昭和世代にはたまらないノスタルジックな町なのです。

たまに洒落た新しい建物があるんだけど、町に全然マッチしてないというか「あぁ、ムリしてんなぁ……」と生温かい視線を向けてしまいそうになる。現代的な新しい建物は異物にしかみえない、そんな鄙びた感じが美しい町なのです。

ということで、この駐車場の看板が龍造寺への入り口。本来の門はここじゃないんだけど、門は道路に面してないんですよw

高寺と書かれているのは、このお寺の通称です。本当の名前は瑞石山龍造寺。

ちゃんとお寺の案内板にも書かれています。

本来は龍造寺氏の居城であった村中城内にあったのか、それとも村中城の近くの高台にあったのか、いずれにしても現在の佐賀城の城域にあったためここへ佐賀城築城時にここへ移築されたのだそうです。村中城を改修、拡張した佐賀城の工事が慶長7年(1602年)から慶長16年(1611年)ですから、ちょうどその工事の中で移されたのでしょうね。

ちなみに、この場所は佐賀城の北西の方角、歩いて行ける比較的近い場所です。

中に入るとこのとおり、境内はバッチリ有料駐車場。

午前七時から午後八時までの営業。そりゃまあ、これだけの場所にこの敷地ですから。維持するだけでも大変なんでしょうね、古い建物を残すのも大変なんだと言ってた神崎市の素麺やさんの言葉を思い出します。

佐賀といえば恵比須像、ここにも高寺恵比須がありました。

駐車場のなかを見渡すと、ばっちりお寺の姿が残っている場所がありました。正面に見えるのは本堂でしょうか。

ちょとこじんまりしたますけど、正方形のお堂です。

屋根には龍造寺氏の家紋である十二日足紋、佐賀は高い建物が無く、広大な平野であるため空がとっても広いんです。そんな佐賀にはやはり日輪をモチーフにした太陽紋、十二日足紋が良く似合う。

ここは龍造寺なんですよ、遥か昔から。

ちょっと扉が開いていたので拝観させていただきました。

ご本尊、そして十二日足紋がかかれた提灯、この建物は江戸時代に建てられたものと案内看板には書かれていましたね。この仏像は龍造寺一族も見ていたのでしょうか、もしそうなら大興奮ものですよ。

そして山門です。

普通ならここが寺の入り口になるのでしょうが、門の先は他人の土地になっていまして、目隠しのためかブロック塀が建てられています。この門から出入りするのは無理っぽい。

他にも馬頭観音や

ずらりと並んだ観音様。

こっちには大きなお地蔵様がありました。

中には年号がハッキリ読めるものもあって、こちらは弘化二年となっています。ちょうど幕末のころ、1846年に建てられたんでしょう。佐賀関連で言うと、この前年、弘化元年に佐賀藩主・鍋島直正が長崎でオランダ軍艦を見学したそうです。

足元には……家紋入りの河原が埋まってました。

諸行無常のあれやこれ

ほんと、鍋島さんにとってかわられるまでは龍造寺さんがこの地を治めていたわけで、それはもう何百年も。で、領主が変わった瞬間にメインストリームからハブられちゃうんですよ。まさに諸行無常、寂びですよ寂び。近くの佐賀神社なんかと比べると……ねぇ。

しかしまあ、全国でいえば佐賀という土地よりも有名なんですよ、龍造寺さんは。九州から出ると、龍造寺を知ってても佐賀を知らない人はたくさんいますからね。私は関西の生まれで、十九まで地元にいたんだけれど、九州の県全部言えるかクイズで長崎・鹿児島はほとんど誰でも出てきて、他は結構怪しかったんだけど、まあ次いで熊本かな。で、最後まで出ないのはいつも佐賀でしたからね。福岡も意外と知られてなくて、福島と福岡をごっちゃにしてる人が多かったかなぁ。龍造寺は男なら大抵しってましたね、原因はあの人の野望ですよ、某歴史シミュレーションゲームの影響。

とまあそんな事は置いといて、九州を代表する有名人であり戦国の英雄、その発祥に関連した寺がまだこうやって残っているという事に感動しますよね。何とも神秘的というか、なんと言えばいいのでしょうこの感覚。

今まさに流れ続いて行く歴史の線、歴史とゆかりのある地はその線上にあって、そこへ行くと流れる歴史に接続したような感覚というか、リアルに歴史の連続性を体感できるというか、過去と現在の、そして人と人の確かな繋がりを感じるのです。

歴史を訪ねる旅、絶対おススメ、楽しいですよ。

お寺情報

瑞石山龍造寺(高寺)
行基が711建立
佐賀市白山1丁目1-10→Googleマップへ

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA