• HOME
  • ブログ
  • 城跡
  • 「姉川城跡」肥前姉川氏の居城、少弐攻めで龍造寺隆信が本陣とした城

「姉川城跡」肥前姉川氏の居城、少弐攻めで龍造寺隆信が本陣とした城

佐賀の平野部には縦横に水路がめぐらされ、古くから環濠集落を発展させた城館が築かれてきた。姉川城は菊池氏の支城として築かれた城で、後に姉川氏の居城となります。佐賀平野には各所に同じような環濠平城が点在しているのだけど、全国的には非常に珍しく貴重なお城なのだ。

環濠平城「肥前姉川城」

画像は国土地理院ウェブサイトより

国指定史跡となっている姉川城跡は、佐賀県神崎市姉川にある環濠平城。1360年、肥後菊池氏の一族「菊池武安」によって築かれたと伝わります。菊池武安は神埼市の姉川城よりもっと山の手にある仁比山城を本城とし、姉川城はその支城として築かれました。

後に少弐頼尚によって仁比山城を攻略された菊池氏は、姉川城に入り姉川氏を名乗って少弐氏の家臣に組み込まれます。龍造寺隆信の時代には少弐方の将として隆信の居城村中城を奪いますが、1553年に奪還されるとそのまま龍造寺氏に従います。

姉川城は龍造寺隆信による少弐攻め、少弐氏の居城勢福寺城攻略戦の本陣となるなど大きな合戦の舞台となりますが、17世紀にはいって豊臣秀吉による九州仕置きが行われると、そのまま廃城となりました。

姉川城を歩く

姉川城跡、溝口跡と書かれた碑。姉川城内に通じる入り口の一つ。

城の西にある入口、溝口の様子。

縦横に巡らせた水路を水堀として活用し、浮島のように郭が配置された佐賀平野でよく見られるタイプの城跡。近くには横岳城、直鳥城などがあります。

郭と郭を接続する土橋、圧倒的に狭いんですよね。人が二人並ぶと水路に落ちそうなくらい。両側は水路を利用した堀になっており、さらに各郭には昭和まで1m80cmほどの土塁が残っていたそう。

水路の幅は思った以上に広く、中世平城ながらかなり高い防御力がありそうな城ですね。

郭の一つはお宮になっていて、お天満宮が建っています。

趣のある建物、この郭の縁は土がかなり盛り上がっているんですよ。

本殿の裏手に回ってみると、かなりはっきりと土の盛り上がりを見る事が出来ます。これは土塁の跡ですね、間違いない。

国指定の史跡にはなっていますが、特別なにかされているわけではなく、各郭は普通に田んぼになってたり家になってたり、荒れ地になってたりといった状況です。

ね、普通に家が建ってる。

今は視界が開けてるから見通せるけれど、土塁に郭が囲まれていたら周りが見えなくなるわけで、そんな中で細い土橋でつながった島々を移動していくと考えたら、迷路みたいに感じたでしょうね。

郭の出口はこんな道ですからね、両側は水路。正面には門があったりしたろうし。合戦で討ち入ったはいいけれど、中でパニックになりそうだ。

姉川城跡の島には「小路屋敷、奥屋敷、観世音寺」といった名前が残っているものもあって、館という名前が付いている一番大きな島は発掘調査が行われ、13世紀から17世紀まで使われていた建物跡や門の跡が確認されているそうです。

現地に建てられた姉川城跡の案内板。

環濠集落から中世の城館へと変わっていく過程の姿を止める城跡として貴重な史跡で、国の指定史跡になっているのです。

勢福寺城攻めの本陣として

姉川城の東側にある道路から勢福寺城方面を眺めてみました。勢福寺城は先に見えてる山手にあります。

この城はなんといっても佐賀の英雄、龍造寺隆信が本陣を置いたことがある城なんですよ。龍造寺隆信と同じ場所に立ち、同じ場所の空気を感じ、そして隆信が眺めたであろう少弐氏最後の城、勢福寺城を望む。

城攻めが行われたのは1558年のこと、猛攻を加える龍造寺軍ですが城を落とすことは出来ませんでした。隆信が少弐氏を滅ぼし、一族の仇を討つのは翌年の正月。肥前の国人領主に過ぎなかった龍造寺が、鎌倉以来の名門守護家を滅ぼす下克上がなされました。

まあ、下克上とはいっても先に龍造寺一族を粛正、男子皆殺しに近い事をしたのは少弐なんですよね。

戦国時代末期の九州、大友、島津、龍造寺という三大勢力が争った九州三国志の時代、下克上により誕生した戦国大名は龍造寺隆信だけ。熊とかデブとかいろいろと言われてますけどね、すごい人ですよ、やっぱ。

お城情報

城名:姉川城
築城年:1360年頃
城主:菊池→姉川(同族)

姉川城跡→Googleマップへ

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA