• HOME
  • ブログ
  • 城跡
  • 「曲渕城跡」鍛冶屋から戦国武将になった曲渕河内守の居城、福岡市早良区の城

「曲渕城跡」鍛冶屋から戦国武将になった曲渕河内守の居城、福岡市早良区の城

福岡市早良区のほぼ南端に近い場所、佐賀市との境界に近い曲渕という場所に山城跡があるのです。この城は曲渕村に住む鍬作りの鍛冶屋が、城主となり早良郡のほぼ全域を支配する大名になったという成り上がりストーリーの舞台なのです。

曲渕城

築城年代は不明、糸島にある怡土城を居城とする原田氏の家臣、曲渕氏の居城と伝わっている山城跡。曲渕氏の本拠地である曲渕村は曲渕氏の里城と共にダムの底に沈んでしまったため、詰城として城山に築かれた曲渕城だけが曲渕村の名残りを今に残しています。

現在この城跡には、ダムの底に沈んだ村にあった神社が移築され、主郭部は大山祇神社となっています。

現地の案内板によると、本丸と二の丸があったとの事。神社裏に堀切があるらしい。

曲渕城は戦国時代末期の天正年間に登場する城で、鍬作りの鍛冶屋である甚五兵衛が戦国乱世の中で成り上がり曲渕河内守を名乗り城主として原田氏に仕えたとされています。原田氏は糸島にある高祖城主。大内氏に従い、後に龍造寺氏に従って筑前侵攻で戦陣を務めました。曲渕氏もその先方の一手として、安楽平城攻めにも参加しました。

豊臣秀吉が九州征伐に乗り出すと、原田氏は対決姿勢を見せるものの秀吉が率いた大軍の前には成す術もなく降伏。曲渕氏は浪人になったと伝えられています。

見学には国道から旧道に入ったところの小学校横に公民館があるので、そこへ駐車することが出来ます。

城跡を歩く

曲渕城跡の入り口、神社の参道となっています。

急峻な斜面に設けられた急な階段、かなり確度がきついので慎重に登ります。

階段の上から下を見るとこの通り、城跡だけに広範囲に切岸が施され斜面がとてもきつい。

山の中を見てみると、平らに削平された場所がちらほら。郭跡でしょうか。

竪堀跡に見えなくもない。

城山の山頂部、主郭と思われる場所に立つ社殿。ジブリの世界を彷彿とさせる神秘的な雰囲気、静かに鎮座する山神の社。

神社の背後にある段差、土塁……ではないでしょうね、恐らく社殿を建てるために削られた跡だと思われます。

社殿裏の段差を登ると、そこは主郭の南端部。本来の城だった部分でしょう。

主郭の南端部から下を見下ろすと、急峻な斜面になっていました。切岸でしょうね、すごい急斜面です。

斜面を降りて、下から主郭部を見上げるとこの通り。城があったころは竹や木はありませんからね、掴まる場所もなしに登るのは不可能ではないかと思える斜面です。

主郭から斜面を降りて、北側にある尾根との間には削平されたような平らな空間がかなりの広さで広がっていました。てかさ、堀切と二の丸はどこ?

さらに奥へと進み、南側の尾根にも登ってみたのだけど、それらしい遺構は見つけられませんでした。

ここも城の一部なのか、それとも背後の山と城とを切り離す堀切的な役割をしていたのでしょうか。資料が少なすぎて不明です。

ダムに沈んだ曲渕の村

曲渕城主である甚五兵衛のふるさと、曲渕の村は大正12年(1925)に竣工した福岡市初の水道ダム「曲渕ダム」の底に沈みました。

このダムはとても古いダムで、表面は御影石の石積みで仕上げられた珍しいものです。ダムパークとして公園が整備されていて、見ごたえ十分。

曲渕村は水深数十メートルの底に沈んでいるのです。

周辺に残る曲渕氏ゆかりの地

曲渕城跡から福岡市方面へ少し移動したところ、トンネルの手前に少し開けた場所があり小さな石塔が残されています。

この場所は曲渕氏の菩提寺であった医王山長福寺跡とされ、石塔は曲渕河内守の墓と伝わります。

曲渕河内の家臣、鳥飼源左衛門尉康秀によって建立された熊野神社。

所在:福岡市早良区石釜732-1(Googleマップ

曲渕城のお城グルメ

曲渕界隈は水が福岡市の水源地、水が綺麗なことが有名。で、その水を使用して製造される豆腐が美味しいのです。

ということで、近くにある石釜豆腐に立ち寄ってみました。

豆腐だけでなく湧き水を求めて来るお客さんも多数。

おぼろ豆腐とかイロイロと美味しそうな豆腐があったんですけどね、冷ややっこが好物なので冷たい豆腐を楽しめるザル豆腐を買ってきました。3から4人前というか、小鉢に入れるなら5から6人前くらいになりそうな小サイズを400円で購入。

何も足さない、醤油だけでシンプルに食べてみる。と、濃厚な豆腐の味、マッタリした舌ざわり。

この豆腐、味が濃い。メッチャ濃い。

これは美味しい、田舎の味だね。

お城情報

曲渕城
築城年:不明
城主:曲渕氏
所在:福岡市早良区曲渕(Googleマップ

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA