UNDERCOVERがパリで戦国時代の甲冑をモチーフにした洋服のコレクション

いや、凄いよコレ。まんま戦国甲冑やんけ!! と突っ込んでしまいそうになる洋服が登場。なるほどね、こうなるんだ。さすがプロのデザイナーが作ると、モロ甲冑なのにそれなりにカッコいい洋服になってるのよ。これは必見、とりあえず見ろって、マジで。

1990年、高橋盾氏によって設立された日本のファッションブランド「UNDERCOVER(アンダーカバー)」が、1月15日にフランスのパリで開催したコレクションに戦国武将の甲冑をモチーフにした服が登場。

これすんごくよくできてんのよ、マジで。大鎧じゃなくて、戦国時代の当世具足なのがカッコいいよね。陣羽織っぽい上着もグッド。

帽子も兜っぽいデザインになっていて、今年はNHK大河ドラマが戦国だから、戦国ブーム来るだろうしね。これ着てたら目立つぞお。

各洋服姿のアップは元記事にあるので、ぜひ参照してもらたい。以上。

元記事⇒UNDERCOVERによる戦国時代の甲冑がモチーフのコレクションがめちゃくちゃ可愛い!

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA